第二回結果

イルルカ、第二回結果がでましたねー

今回の結果は~・・
dainikai.jpg
355位!

・・また100位に入れなかったッ
一日参加できなかったのも結構響きましたね・・

なにより、アウェーでの成績はやたら高いというのに、作戦変えられるこっちでの戦いがひどいという、なんとも恥ずかしい結果に。
最終日の上位陣と戦ったときなんて、命を大事にとまちがて特技を使うなにしてぼこぼこにされるという失態まで。

戦うごとに作戦やAI設定を弄っていったのがよかったのか、進むほど内容がよくなっていったのはまぁ・・
うちのモンスターも、はじめの2.3日はまだ育ちきってない状態での出場だというのに、よく頑張ってくれました。


・・しっかし、みがメタ多すぎませんかね。
ちょっと対策しておけばメタキンなんてただの置物になるというのに、体感でみがメタ採用率8割ほどという。

なんだかジョーカー2からpro、テリーときて、イルルカでも同じようなメンバーを見ることになって正直うーんって感じ。
一方で、なるほどなっと思ってしまうようなテンションバーンの使い方をしてくる人もいて、今後はわからんなーと思ったり。

あと武器ですね。
4ぱーくらいでしか出ないけどあるかないかで大違いだった。
もう躍らせるのは飽きたんじゃー

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

イルルカ3DS日記2

クシャラミ貰える鍵出てテンションあがったイルルカ日記

スカウト、メタル、金策係りができて、とりあえず作業しやすくなったので、いろいろなモンスターを作ってます。

えーと、今回の目玉?な超G、4枠モンスターも使ってみました。
ぱっと見ステータスは控えめ(AIのせい)で、耐性はGサイズをさらに引き上げた感じでしょうか?特性も強力なものが多い。
とりあえずステータスはテンプレ強化し、ルカニ耐性など弱点もなるべくふさぐよう調整。キラーは武器含め最低2つは欲しいかな。
で、対戦を意識した構成でテストしてみました。

・・なにこれTUYOI!
とにかくパワーが違う。さらに4回行動というとんでも性能のせいで1ターンで決着つけることも十分可能な感じ。

がしかし、ちょっとひねったPTで行くと・・

まさかの1枠4体にぼっこぼこにされる。
テリーで克服されたGの弱点であった、1体というハンデが重くのしかかる。サポートがない辛さ再び。
今回の変更でかなり大きい、アタックカンタとマホカンタがテンションで貫通するという仕様に見事に対応できていない。

テリージョーカーをしばらくやっていた人ならわかると思いますが、GサイズのAIとカンタ持ちって致命的に相性悪いんですよね。
サイズが小さいほどそれはもう凶悪で・・
まさに「見えてない」って感じですかね?

ただカンタ持ちといえ強引に突破することもできるのですよ。
イメージと違って?ダメージが直性跳ね返るわけではないので、つまりはこっちが硬ければなんら問題ないわけです。
問題はマホカンタで、こればっかりは耐性無視して返ってくるのでどうしようもない。だったらどうするって、魔法は使わなければいい。
つまり・・

防御をあげて物理で殴ればいい!

・・ダメな雰囲気出てますけどね
ちなみに逆のパターン、つまり超Gとカンタの相性ですが、正直最悪でした。お話にならないレベルで。
まだ全部の超Gの特性を見たわけではないであれですが・・
AIの関係上、フォローとなるスキルや特性なしに超Gにカンタがつくことは、それだけだと弱点になりかねません。
もしカンタを付けて1ターンで勝負を決められなかったとしたら、次のターン999の嵐を受けて沈んでしまうでしょう・・・

対戦大好きなせいで、どれだけ書いても物足りない・・
まだまだいろいろ試していきたいですねー

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

イルルカ3DS日記

やや久々ー
本当はもっと早く書き始めようと思っていたのですが・・イルルカの、主にwi-fiランキングバトルについて書いちゃう日記(予定)です。

今週はちょっと忙しくてちゃんと参加できそうにないので、ちゃんとした参戦はまた次にして、メンバーの強化でも。

いやーしかし、今回もまたいろいろ調整してくれましたね。
おかげで新作でるたびに戦法もメンバーも変えなきゃならなくて・・ちょっとつらいですねー

特性関係では、デメリット系(強者の余裕、オロオロ)等が消えてるようなので、また強力凶悪なスキルが撃ち込まれる予感。
引き継ぎ時、変更あるかな~とスキルみたときは驚きました。

なんとなくいやな予感がしてた新生は・・
やっぱりまずいことになりそうなシステムだった。
付け方によってはマイナスが付くようですが、物理効かないメタル、魔法物理反射しつつ防御激高耐性ガッチガチとか・・
これ攻める側がどんどん不利になってないですかね・・?

前作でも自分で作って試してたけど、物理魔法反射に体技対策がっちがちにしたら本当に墜ちなくなったからなぁ
ただ今回ジャッジポイントなるものがあるので、攻めれないのもまた問題かもしれませんが。

最悪なのは、どっちも手詰まり状態で10ターン過ごし、すっくない評価点を競い合うゲームになることですかね。
精神へのダイレクトアタック戦法は、嫌いじゃないですが・・
(ベルフェギウスとかコーライルとか大好き

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

リンク
報告
20150405 新カテゴリ追加
月別アーカイブ